人と猿は遺伝子レベルでは同じ?!

人と猿の遺伝子が、驚くほど近いという話を聞きました。

姿形も、知能・知性とも、
人と猿とでは大きく違うと思うのですが、
遺伝子レベルでは、
80~99パーセントが同じだと言う説です。

私は専門家ではありませんので、聞きかじりですが。
驚くべきパーセンテージです。

人と猿には見た目にも、知性にも
大きな違いがあると思うのですが、
遺伝子レベルから見ると、大変よく似ているというのです。

ひとつの例えとして、
今、人間にA遺伝子があったと仮定すると、
チンパンジーではこの塩基配列が人間と異なる
A’遺伝子になったものがあるというような
相違だそうです。

ここから全体の中でそのような塩基配列の
異なる遺伝子の割合は1~2%あるという
意味だそうです。

専門性が高くて、
私にはよくわからない部分ですが、
それでは何が人間とチンパンジーを分けているのか,
違いは遺伝子の発現を調節する領域の
違いではないかと言われているそうです。

では、人間同士であればどうでしょうか。!?

遺伝子レベルで見れば、
どの人も、ほぼ同じだという話を聞きました。

たとえば、私と私の友達とはどうなのか?

遺伝子レベルから見れば、限りなく同じ遺伝子を
持っているということなのです。

育った環境がほんの少し違うだけです。

そういうことを意識しながら、
周りの人を見てみましょう。

別々の人間に思えますが、遺伝子レベルから見れば、
どの人も自分と同じ遺伝子を持っています。

似ているというより、同類であり、同族です。

そんな視点から見ると、
今まで「全く他人=私には関係ない人たち」
と見ていた人たちが急に近く感じるようになるのではないでしょうか。

この事実を知った後では、誰と接するときでも
なんとも言えない親近感を感じるかもしれません。

それも、また「事実」=「現実」です。

人は、明確な理由がなくても、
人に対し、「好感」と「嫌悪感」を
持つときがあります。

その原因や根拠は様々ケースがあるのでしょうけれど、
「遺伝子レベルでは、みんな一緒」という説を
少しだけ意識してみると
私たちは、普段それこそ根拠のないつまらないことで
人との間に壁を作っていると
考えられることもあるでしょう。

ましてや、明らかに同じ両親から生まれ、
長いこと同じ空間で生活をし、
成長してきた家族はどうでしょう?

遺伝子レベルの話にとどまらず、
同じ時間を共有してきた家族なら
どうなのでしょう?お父さんお母さん

言うまでもないことではあります

誰でもが遺伝子レベルでは、ほぼ同じであると考えると、
人間関係のつまらない壁が取り除かれ、
人生の素晴らしさに気づくでしょう。

今目の前にいる誰かと、自分とは、
ほとんど同じ遺伝子を持っていることに気づくと、
ついさっきまで見ていた景色が
まったく違うものに見えてくるかもしれませんね。

※諸説あります

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

「大切な家族と、仲良くなるコツがわかる、簡単な質問と回答♪♪」
    (無料でご利用いただけます♪)
⇒http://www.reservestock.jp/page/fast_answer/777
〈メルマガ〉「美徳な日々☆思いやりあう心を育てるプロジェクト」
⇒http://www.reservestock.jp/subscribe/8971>
〈ステップメール☆親子関係向上プログラム【思いやりあう心を育むステップ】〉
⇒http://www.reservestock.jp/subscribe/20695

メールでのお問い合わせ
サロン・ド・スペースリンク|お問い合わせ
  • HOME
  • 親子の笑顔の効果
  • 親子関係向上プログラム
  • お客様の声
  • 個人セッションをご希望の方に

アメブロ「心理セラピストふみの美徳な日々♪」

Facebook「家族の会話をはずませ絆を深める”親子関係向上プログラム”」