人のことを考え、人の気持ちを考える「思いやり」

思いやりとは人のことを考え、人の気持ちを考えることです。

自分の行動が人にどのような影響を及ぼすかについて思いやることです。

相手の人は何が好きなのか、何が嫌いなのかに注意して、

その人が幸せになることをします。

「52の美徳のエッセンス」より
リンダ・カヴェリン・ポポフ著 大内 博訳 太陽出版刊
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
最後までお読みいただき、ありがとうございます。

メルマガ⇒「思いやりの心を育てる美徳の言葉」

「大切な家族と、仲良くなるコツがわかる、簡単な質問と回答♪♪」
   (無料でご利用いただけます♪)

〈ステップメール☆親子関係向上プログラム【思いやりあう心を育むステップ】〉

メールでのお問い合わせ
サロン・ド・スペースリンク|お問い合わせ
  • HOME
  • 親子の笑顔の効果
  • 親子関係向上プログラム
  • お客様の声
  • 個人セッションをご希望の方に

アメブロ「心理セラピストふみの美徳な日々♪」

Facebook「家族の会話をはずませ絆を深める”親子関係向上プログラム”」